Menu

海上コンテナ・seacontainerの貢献度

海上コンテナ・seacontainerには、もう既に相当の歴史があります。

多くの人たちが海上コンテナ・seacontainerに対して、相当な安心感をもって接しているのではないでしょうか。

コンテナのおすすめサイト

海上コンテナ・seacontainerの貢献度

海上コンテナ・seacontainer、陸上コンテナ・landcontainerはまさに、20世紀最大の発明のひとつとまで言われる程であり、物流・logisticsのあり方を大きく変えたともいうことができます。

陸上コンテナ・landcontainer、海上コンテナ・seacontainerは、規格化された箱のことです。

そのようなアイテムを輸送に対して利用することで、安全で、また安定的、そして、効率にいい輸送を行うことができるようなになりました。

海上コンテナ・seacontainerで安全で安定的・効率のいい輸送が出来るようになった

実際に、海上コンテナ・seacontainerが、本格的に利用されるようになったのは、1956年アメリカのニューアーク港においてです。はじめての海上コンテナ・seacontainerは、「マルコム・マクリーン」という陸運業者によって、もたらされスタートします。

最初は、58の海上コンテナ・seacontainerからスタートすることになりますが、やがて、世界中のサプライチェーンに革命をもたらすことになります。

海上コンテナ・seacontainerによって、
いままで存在していた
物流・logisticsに存在しているいろいろな問題を解決することになります。

荷役のシーンにおいての貨物の盗難、または輸送中のダメージが非常に多い、また、納期の定時性が保証されない、荷役や運送の効率が悪いといったそのような問題を、海上コンテナ・seacontainerが解決することになります。

かつて、規格化されていない貨物が横行することになり、積み替えに対して、とても無駄な多くの労働が消費されることになりました。現在と比較して、相当な人件費と時間を要する作業でした。

海上コンテナ・seacontainerの誕生によって、 荷役コストは約40分の1にまで削減したと言います。

海上コンテナ・seacontainerのもたらす意味

海上コンテナ・seacontainerの導入で、 港における荷役の高効率化をもたらすことは言うまでもありませんが、海上コンテナ・seacontainerは、船による海上輸送と鉄道やトラックによる陸上輸送との連携をスムーズにすることにも大きく貢献することになります。

生産から消費をシームレスにつなぐから、私達の家庭にも思いもよらない鮮度のいい食べ物が届けられることもあります。

新着記事