Menu

海上コンテナ・seacontainerの登場

海上コンテナ・seacontainerの登場によって、 港における荷役の高効率化をもたすことになり、 また、船による海上輸送と鉄道やトラックによる陸上輸送との連携をスムーズに行うことができるようになりました。

まさに、海上コンテナ・seacontainerの存在が、
生産から消費をシームレスにつなぐ一貫輸送を可能にすることになります。

コンテナのおすすめサイト

海上コンテナ・seacontainerのメリット

海上コンテナ・seacontainerという規格が、物流・logisticsにおいて様々なメリットをもたらすことになります。

海上コンテナ・seacontainerの存在によって、安全に ・安定的に、そして高効率に輸送を行うことが可能になりました。

まさに、海上コンテナ・seacontainer、陸上コンテナ・landcontainerは、グローバル展開をし、「一つの絆」、「コミュニケーション」をしっかり作り出すことになります。

海上コンテナ・seacontainerの種類

海上コンテナ・seacontainerには、いろいろな種類があります。

ドライコンテナは、一般的な海上コンテナ・seacontainerであり、陸上では、倉庫としても有効的に活用されています。

リーファーコンテナは、 冷蔵、冷凍など温度管理が可能な海上コンテナ・seacontainerのことです。生鮮食品、生花、冷凍食品などの輸送に使用され、 一時保管場所としてこのような海上コンテナ・seacontainerは「倉庫」としても活用されています。

タンクコンテナは、タンク本体を枠で支えている海上コンテナ・seacontainerです。

液体、ガス、化学薬品など輸送にはこのような海上コンテナ・seacontainerが利用されています。

またベンチレーターコンテナとは、 通風孔のついた海上コンテナ・seacontainerです。

オープントップコンテナとは、天井部分が取り外しすることができ、このコンテナ・container上部からの荷役をすることができます。高さのある貨物の輸送には、このような海上コンテナ・seacontainerが使用されます。

ペンコンテナとは、 動物を運ぶための海上コンテナ・seacontainerです。通風、給餌、排泄と言ったものに強い構造となっています。

「FCL」と「LCL」

また海上コンテナ・seacontainerの輸出方法には、 「FCL」と「LCL」があります。

FCL(Full Container Load Cargo)とは、一荷主の貨物オンリーでコンテナを占有する貸切便のことです。

LCL(Less than Container Load Cargo)とは、複数荷主の貨物をひとつのコンテナに詰める混載便のことです。

新着記事